読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星ひとつ

星ひとつ

 

深夜未明に飛び出して

静まり返った街の中

黒に近い濃藍の

深い夜空を見上げてる

 

そこに煌めく星ひとつ

ひとつだけでもあればいい

そこに煌めく星ひとつ

ひとつだけでもあればいい

 

街の灯!街の灯!今は夜。今は夜。

夜は暗くていいじゃない。

君に言っても仕方がないが

24時間稼働して

働き過ぎもいいところ

夜は休んでいいじゃない

夜は休んでいいじゃない

 

そんなわたしは眠れずに

深夜に電気を食っていた

バリバリ、ビリビリ、ああ美味しい

ネブソクミア文明の味がする