渡辺カケルのブログ

小さな人生の物語

アークティックモンキーズを意識して演奏した「砂山」

こんにちは。渡辺カケルです。アークティックモンキーズのリフを借用して、童謡「砂山」に無理やりくっつけてみました。「砂山」この歌詞を読むと、荒れる日本海を眺めている人影の後姿が頭に浮かんできます。

www.youtube.com

またしても「石」

こんばんは。またしても昨日スタジオで録音した「石」という曲をアップロードしました(笑)ほんとこの曲は歌うと気持ちがいいです。他の部屋のバンドのベース音が入っていたり、声が裏返ったりしていますが、個人的には好きなテイクです。よければ暇なときに聴いてみてください。

www.youtube.com

この「石」という曲は、もともと、「石」という詩がありまして、まずこの詩を書いたのが沖縄県出身の山之口貘(1903-1963)という詩人です。

f:id:kakeru-web:20170505230036p:plain

私たちのようにどこにでもいる生活者の視点から書いた詩は、平易な言葉でありながらも、独特な目の付け所で貧乏であるがゆえの切なさや、社会に対する憤りなどをさらっとユーモアを交えて言葉にしていると思います。読んでいると貘さんの人柄から生き方までをあたかも知ることができるような気がしてきます。写真を見ると、会ったこともないのになぜか懐かしいようなホッとした気持ちがしてくるのが不思議です。詩には「貧乏」という言葉が貘さんを物語るキーワードとしてよく使われます。自分の人生を詩のフィールドにして、貧乏だけど這ってでも生きるという、いわば雑草のような詩が読者に生きる勇気を与えてくれます。普遍的なことを書いているからか、内容も古いとはあまり思わないですね。 それと突然、詩のスケールを足元から一気に宇宙規模に大きくしたりと、技巧的な遊び心を入れてきます(笑)

一方、詩の創作者としての視点からみると、自分を貧乏という言葉で表現することで読者の心理的ハードルを下げて、親しみを感じやすくする、それを作為的にやっているのであれば相当な自己プロデュース力だと思います。

曲がりなりにも私は大衆音楽というものを作ることがあり、その工程の中で音楽に言葉をつけます。貘さんの詩を読むたびにこういう詩を書きたいと思うのですが、なかなか思うようにはいきませんね。言葉は書いた人の人柄を越えて、その人の無意識のようなものまで反映する気がします。良い言葉を書こうと思ったらいい人間にならなくてはいけないのかもしれません。と書いたところで墓穴を掘りそうなのでここまでにしておきます(笑)

5/2 路上ライブ終了

f:id:kakeru-web:20170503114802j:plain

こんにちは。カレーライスに入れる肉はひき肉が結構好きな渡辺カケルです。

昨日は急きょ狸小路2丁目で路上ライブをやりました。聴いてくださったみなさまありがとうございました。最初はやる勇気が持てずあわや不審者のように近くをうろうろしていたけど、声をかけてくださった方がいてそこでやる決心をしました。この方は途中で帰られてしまったけどとても感謝しています。そして演奏してみると不思議と緊張せずにのびのびやれました。調子に乗って歌っていたらすでに小一時間くらい経っていました。今回はとにかく路上で演奏することが目標であり、長年逃げ続け達成できなかった夢でもあったのでそれを叶えられてホクホクとした心持ちです。

次回は30分をめどに曲目を考えて再度チャレンジします。改めてありがとうございました!

録音進んでいます

おはようございます。

最近寝る前にユーチューブで芸人の松本人志さんの放送室というラジオの録音をよく聴いている渡辺です。

前回のブログでもお伝えしたようにCD録音も一応進んでいます。録音も終盤になってきて、なんだかもっとこうすればよかったとか考えてしまって、きりがない思考になります。CDに関してはまた進展があったら報告します。

路上ライブをやろうかと考えています。札幌といえば、狸小路でしょう。20歳そこそこのころにも挑戦したことがありましたが、あの時は歌う前に引き返したんだったな。自信がなかったんですね。近日中にやりたいと思っています。リベンジです。

自宅で録音した曲をユーチューブにアップロードしたので、ここでもご紹介します。

youtu.be

youtu.be

 

はい。上下同じ曲ですが、弾き方が少し違います。上がストローク、下がアルペジオ

好きなんですよね、詩も曲も。詩は沖縄出身の山之口獏さんという方の詩で、その詩に曲をつけたのは、フォーク歌手の高田渡さん。季節にも取り残されているような感覚を詩に昇華させたのは本当にすごい感性だと思う。朗読するように歌うと気持ちがよいのです。

音源を出そうかと考えてます。

こんばんは。渡辺カケルです。

音源を作ります。5曲入りくらいにしようかなと思っています。

いわゆる自主制作版ってやつですかね。

最近ギターと歌のみで聴くに耐える演奏ができるようになってきた実感があるからです。とにかくまず自分の感覚を満足させられる音源を作る。

また報告します。

帰国しました。

こんばんは。

本日オーストラリアから帰ってきました。当初予定していたよりだいぶ早くに。

現地でいろいろなアクシデントにあいましたが、振り返ると、もっと楽しめばよかったという思いがこみ上げてきます(笑)

異国文化体験は、自分が日本人であり、アジア人であることを強く意識させられました。

そして今、とても音楽がやりたくてうずうずしている。ギター弾きたい~。

今月メルボルンへ

今月中旬からワーキングホリデー制度を使って、オーストラリア・メルボルンへ行くことにした。最長2年間滞在できるみたいだが、いつまでいるか、その後どうするかはまったくの未定。現地の音楽に存分に触れてみたいという次第である。