読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺カケルのブログ

ギター弾きです。心が動いた出来事をつづります

読書

f:id:kakeru-web:20161117210043j:plain

読書は著者と読者の会話である。あるいはそうあるべきものである。

「生きるということ」P59 著:エーリッヒ・フロム 

この言葉に出会ってから、著者との「会話」を意識するようになった。初めて会話のような感覚を味わったのは、2年ほど前。

それまで哲学の本を自分が好んで読む日が来るとは思ってもいなかった。哲学なんて自分とは無関係だと思ってきた。しかしほんの興味本位で当時の職場の同僚がおすすめだと言っていたヴィクトール.E.フランクルの「苦悩する人間」を借りて読んでみた。何度読んでも何度読んでも書いている内容が頭に入ってこない。たったの一行見逃すと、次の行を理解できない。難しい。時間をたっぷりとかけて丁寧に丁寧に文字を追っていった。一章読むのにどれだけ時間をかけたかわからないが、フランクルが言う内容をぼんやり理解できるようになってきた。それから少しずつ読むのが楽しくなっていった。自分の頭の中にある、ぼんやりとした「考え」というか「経験」に言葉がつけられていくような気がした。それらぼんやりとしたものを言葉で理解すると、頭の中で消化したようにクリアになる感覚を覚えた。しかし「苦悩する人間」は完全に読み切ったとはお世辞にもいえず、理解するまで借りていると時間がどんどん過ぎていってしまうのでお返しした。

さきほどの「感覚」だけを頼りに、自分で哲学の本を買ってみようと思い書店へ行った。書店の哲学書のコーナーは狭かった。その中でフロムの「生きるということ」を買った。そして読み進めるうちにその「感覚」に「会話」という言葉がつけられた。詳しく言うと「内的に参加する読書」は「著者と読者の会話」ということだった。今はフロムの本ばかりを読んでいるが、いつかもう一度「苦悩する人間」にチャレンジしようと思う。

 

冬らしく寒いですね。みなさま体を壊さぬよう。

この世界の片隅に

今週映画館のメンズデーに話題の「この世界の片隅に」を観てきた。見どころの一つにのんさんが声が良いというのは前に聞いていたが、本当に良かった。ややおっとりしたのんさんの声が主人公すずさんの魅力を一層引き立てていたと思う。ストーリーは軽やかに進んでいき、一年また一年と時が過ぎていく。昭和20年に向かって進んでいく。とにかく悔しくて、叫びたくなるような感情に満たされた。それでも観て良かった。

羊飼いのミーシャ

バイバル登山家・服部文祥さんのロシア極東北極圏縦断の動画を見た。おもしろかった。これに出てくる羊飼いのミーシャの生き方にかすかな憧れを抱いた。

ぼくはだれもいない世界の果てで

f:id:kakeru-web:20161203234522j:plain

「ぼくはだれもいない世界の果てで」

作:M.T.アンダーソン/絵: ケビン・ホークス/訳:柳田邦男

心の中で「ぼくはだれもいない世界の果てで」と暗唱する。すると頭のなかに映像が映し出され、そこには自分だけの世界の果てが広がっていく。素晴らしいタイトルだと思う。

森の中で少年が一人、仲良しのロバと暮らしている。そこでは古代の遺跡を眺めたり、大きな恐竜の骨を組み立てて遊んだり、風の音に耳をすませながら、質素だけど満ち足りた生活を送っていた。ある日ひとりの男がやってきて、世界の果てにテーマパークを建設する。少年はそこで初めて友達ができて、夢のような時間を過ごす。しかし・・・。

この本を読む子どもたちに、最後に少年が下す決断について大人はどう説明できるだろう。子どもたちに読み聞かせる前に一度立ち止まり、私たちが生きている社会について考えなければならない。物語の結末は大人から子どもへ伝えるメッセージとなる。目をそらしてはいけない問題を改めてこの本によって突きつけられ、おおいに考えさせられる。

ひとりごと

会社員時代から、周りからは自信がなさそうに見えたらしく、もっと根拠のない自信をもったほうがいいとアドバイスされることがあった。その根拠のない自信のつけかた教えてくださいと言ったらどういう返事が返ってきたのだろう。面倒だったのでいつも聞き流していたけど、いまとなっては面白半分に聞いてみたいなと思う。

「自信のつけ方」を検索してみた。

ざーとみていくと、小さな成功体験を積み重ねることや、なにかを続けること、誰にも知られず善行を行うなどが出てきた。いろんなやり方があるんだなと思った。

茨城のり子さんの「自分の感受性くらい」という詩は弱気になったときに読みたい。言葉にエネルギーがある。

 

あっぱれ北斎!光の王国展in sapporo

f:id:kakeru-web:20161202020803j:plain

北斎と言えば!

「あっぱれ北斎! 光の王国展」というのが、2016年12月9日(金)~2017年1月3日(火)まで札幌エスタ11階のプラニスホールで開催されるそうです!開場時間は、10:00~17:00とのこと。わたしものぞきに行く予定。

北斎の名作「冨嶽三十六景」46点、「諸国瀧廻り」8点をリ・クリエイト

 リ・クリエイトとは?

オリジナルから失われたものをふたたび取り戻す=作品の“再創造”という新しい複製画の手法

原画(オリジナル作品)は、経年や修復、洗浄による退色や変化が避けられず、状態はさまざまです。 現存するオリジナル作品は、必ずしも作家が求め描いた作品の状態とは一致しません。 そこで、作家が当時描いたであろう色彩を求めて、科学的な検証、技術的な修正、人的な感性を結集し、作品を「再創造」したものです。

 とことんオリジナルに近いものが見れるということでしょうか。たのしみです。

詳細はオフィシャルサイトをご覧ください!あっぱれ北斎!光の王国展

凱風快晴

少しだけ更新が途絶えてしまった。

この間、浮世絵師・葛飾北斎の娘を主人公にした映画「百日紅」を観た。その後「富嶽三十六景」その中でも名作と呼ばれる「凱風快晴」を思い出していた。雪が少し残った、赤く染まった富士が目を惹く。

f:id:kakeru-web:20161117110419j:plain

 

横浜の近く大船というところに住んでいたころ、よく江の島の海に遊びに行ってウィンドサーフィンという遊びにハマっていた時期があった。サーフィンは波を使って遊ぶが、ウィンドサーフィンはサーフボードにマスト(帆)がついたものを使いそのマストで風を捉えながら海面を進む。四月の寒い日、海面を何も考えずにぼーっと風に身を任せて進んでいた時、思いがけずにクリアにそびえたつ富士山の姿が目に入った。これまでもたびたび富士山は見ていたはずだったが、あのとき見た富士山は違った。言葉にすると難しいが、とにかく神聖なものを見たような気持ちだった。思わず見惚れてバランスを崩したかと思うと、豪快に海に落ちた。そして帰り際もう一度見ようと思ったが、すでに雲に隠れてみることはできなかった。富士山に対して特別な想いを持ってきた日本人の血が私にも流れていることを改めて実感した瞬間だった。いまでも鮮明に思い出せる。