読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

より音楽が、芸術が必要な時代

f:id:kakeru-web:20170527163355j:plain

こんにちは。札幌はあいにくの雨。渡辺カケルです。いかがお過ごしですか。私は風邪気味です。ゲホゲホしすぎて、喉がいたいです。今日は音楽や芸術に関して、毎度のようにアタマの中のもやもやをすっきりさせるための自己満足的な文章を書いていこうと思います。

・・・・・・・・・

最近またアコースティックギターをわきに抱えながら札幌にあるライブバーで音楽を演奏させていただいたりしている。人前で演奏するというのは、やはり緊張する。私は小心者なので、たぶん人一倍緊張していると思う。演奏すること自体はとても楽しいし、誰かに自分の演奏を聴いてもらえることはとてもありがたいことだと思う。こういう場があること、そして音楽というものは人生に彩りを与えてくれる。

なぜ音楽を演奏するのか

自分自身を客観的にみて考えると、ひとつは音楽をきっかけとして社会と他者と関わりたいという欲求、もうひとつは自分をそして自分の才能を誰かに認めてほしいという承認欲求、この二つが頭の中でせめぎ合いながら、己を表現の世界にかり立てている。楽器を奏でるのが好きというだけであれば、自宅や音楽スタジオで楽器を鳴らすだけでいいわけなので外部とのつながりは必要ない。

信用できない時代

話しはがらっと変わり、北朝鮮の核ミサイルはどこに落ちるだろう。そもそも落ちないのか。そもそも日本に撃たないのだろうか。いま言えるのは、落ちる可能性があるということだけ。

また変わって、北海道の最低賃金は現在786円である。私は高校生のころチェーンのカレー屋で働いていたのだが、そのときの時給は650円ほどだった。当時に比べれば136円アップしているが、それでも全国の平均時給に届いていないし、東京の最低賃金932円に比べると依然格差はある。人口が多いと求人件数は多い、賃金と求人件数をみても、物価は高いが東京周辺に労働者が流れていく仕組みは依然としてまだある。東京ではこれからオリンピックが控えている。その経済効果はどれくらいになるのだろう。東京が潤えば、地方も潤うのだろうか。

音楽が身近になった?

音楽が身近になった、と感じることがある。ときどきツイッターを眺めていると、音楽活動をしている人の多さに驚く。プロフィールや投稿をさらっとみた範囲で判断しているだけなので、その数は計り知れない。それこそ、私が音楽を始めたころ、10代のころはもちろんツイッターもなかったし、その数を視覚で判断すること自体が無理なことだった。また当時は音楽をやっている人のイメージはなんだか怖そうなひとが多く、ライブハウスはドキドキハラハラしながら入るところだった。現在では良い悪いは別にして、そういったダークなイメージが薄れてきて、入り口それ自体がとても低くなっているような印象を受ける。私の年齢が上がっていったことも関係しているかもしれないが、一般人としての感覚でいうと音楽を気軽に楽しめるようになった気がする。札幌市が旗を振ってシティジャズなるものも開催している。不況とも言われなくなって久しいが、むしろ音楽はより活発になり、人々の生活に寄り添っている。私の周りには、というか札幌には、年齢に関係なく地に足をつけた素晴らしい音楽家がいて心から尊敬している。そしてかれら音楽家の表現の場がいくつもある。それは単純に嬉しい。

音楽の価値

値札がついたものには、その値段以上の価値は見いだせない。音楽も、物心ついたときにはすでに音楽は産業だった。経済の中に音楽は組み込まれていた。エンターテイメント、娯楽としての大衆音楽を聴いて育ってきた。当たり前だと思っていた音楽、しかしそれは海外からもたらされたフォーマットに則っているのだと気が付いた。私たちの音楽はどこにある。音楽は本来もっと人間の生と密接に関わっていたのではないか。それこそ宗教と同じレベルで。文明が発達していく段階でさまざまな音楽の表情を見失ってしまった可能性はある。高揚感、怒り、喜び、悲しみ。さまざまな感情を呼び起こす「祈り」のような音楽に価値を置くべきだ。

より音楽が、芸術が必要な時代

不安定でいて未知数、いまの社会では私たちに希望を提示することはできない。希望も保証もない、というところから始めなければならない。そのなかでどこに希望を見出すか、希望とはなんなのか。自分にとっての幸福とはなにか。ひとりひとりがジタバタしながら追い求めることになる。そしてこれらの答えはひとつではなく、人の数だけ答えがある。皆どこかでわかっていて、その重圧に耐えるために、私たちはより音楽や芸術に関わりたいと望んでいるのかもしれない。

詞と詩について

こんばんは。文章を書くとアタマがすっきりするときがあるので、たまにこうして書きたくなる渡辺です。今日は「詩」と「詞」について今更かよという考察を書きました。

f:id:kakeru-web:20170523220928j:plain

例えば大衆音楽で口ずさむ「歌詞」と詩人が紡ぎだす「詩」は何が違うのだろうか。という疑問を改めて考えてみようと思う。今の段階では単純に歌うことを前提として作られたものが歌詞で、個人が読む前提で書かれたものが詩であるという解釈で理解している。しかし自分の創作のためと思い、少し前から、戦後詩というくくりの中の「荒地派」と呼ばれる詩人たちが書いた詩を読んだりしているのだが、それらの「詩」が持つ言葉のリズム感に驚くことがよくあって、それが非常に音楽的なのが気になっていた。歌詞も詩も結局はどちらも音楽にたどり着くのではないかと、ただし同じ音楽といっても、歌詞はやはり大衆音楽になるために生まれたもので、詩は大衆音楽にもなりえるが、それよりももっと個人的なもの(読む人によって違うもの)にもなりえる。

新明解国語辞典でそれぞれの意味を調べてみた。

【歌詞】歌謡などの。ふしをつけて歌うための言葉。

【詞】①ことば。「詞章・誓詞・賞詞・祝詞」②中国の韻文の一体。「宋詞(ソウシ)」③文法上の一体。〔狭音訳〕

【詩】①〔文学の一形態として〕自然・人情の美しさ、人生の哀歓などを語りけるように、また社会への憤りを訴えるべく、あるいはまた、幻想の世界を具現するかのように、選び抜かれた言葉を連ねて表現された作品。②「漢詩詩経」の略。 

やはり、歌詞は歌うために作られた言葉であることがわかる。歌ったときの気持ちの良い語感を重視するともいえる。一方、「詩」はそれがすでに文学作品であって、その読み方は読者に委ねられている。先に「詩」は歌謡曲としての「詞」にもなりえると書いたが、それはフォーク歌手の高田渡さんを筆頭に盛んに行われてきた。しかしその「詩」をどう読むのかは人それぞれなので、歌ってしまうと形を与えてしまうことにつながり、それは誰もが喜ぶことではないかもしれない、というところまでは想像がつく。しかし「詩」は音楽を与えられることにより、さらに遠くに飛ぶことができる。

よって「詞」はもちろん、「詩」も同様に音楽に流れ着く。作者が「詩」として発表したものが「詩」。作者が「歌」として発表したら「歌詞」ということかしら。

別のアプローチとして、それらの言葉の成り立ち「詞=ごんべんに司る」と「詩=ごんべんに寺」を調べてみると何かわかるかもしれない。

とりあえず今日はここまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日はローランドゴリラで演奏します。気軽に遊びに来てほしいです。

5月24日(水)

札幌ローランドゴリラ

「Impulsive」 19:30オープン 20:00スタート

¥1500 1dr付

出演 薄野真音会/YASU/シューイチ・ヴィシャス/てっぺん藤井/渡辺カケル

2017年5月24日・5月25日 ローランドゴリラライブ詳細

5/24(水)

札幌Rolandgorilla 「Impulsive」

時間:19:30Open/20:00START

料金:¥1500 1ドリンク付

出演:

薄野真音会/YASU/シューイチ・ヴィシャス/てっぺん藤井/渡辺カケル

 

5/25(木)

札幌Rolandgorilla 「ゴリンドル焼き鳥ナイト」

時間:19:00Open/20:00Start 

料金:¥2000 1ドリンク&焼き鳥付き

出演:

あずまりゅーた(THE安全ピン)/illumina(乙女伝説/Apocalypse)/渡辺カケル/シューイチ・ヴィシャス/てっぺん藤井

5/17 ローランドゴリラライブ終了 次回の演奏日決定の報告

今日の札幌は暑いです。すでにへとへとの渡辺です。

先日5月17日ローランドゴリラで演奏をさせていただきました。お越しいただいたお客様、並びにスタッフ・対バンの方々ありがとうございました。ライブハウスでの演奏は久しぶりということもあり、普段から緊張しいですが、さらに緊張した渡辺でした。充満した緊張感の9割は私から発せられたものでした(笑)失礼しますた

演奏曲

死んだ男(詩:鮎川信夫

砂山(童謡)

石(カバー)

間違いの草

値打ち

の5曲でお送りしました。打ち上げの鶏肉美味しかったです。

 

次回演奏も決定しました。またローランドゴリラさんにお世話になります。5月24日と5月25日の二日間でございます。詳細は後程

次回はさらに気合の入った演奏をお届けします。またよろしくお願いいたします。

f:id:kakeru-web:20170519155213p:plain

2017年5月17日札幌ローランドゴリラ 出演決定

f:id:kakeru-web:20161017160819j:plain

こんばんは。片づけたはずの部屋がなぜかすぐに散らかる渡辺カケル(@kakeru_w_)です。

急きょ5月17日(水)札幌ローランドゴリラというところで演奏させていただけることになりました。

5/17(水) ライブハウス札幌ローランドゴリラ

「pica camel」

19:30Open 20:00START

¥1500 1dr付

出演 兼田和明 シューイチ・ヴィシャス てっぺん藤井 渡辺カケル

久しぶりの演奏、気合入れて挑みます。

レコーディング終了

f:id:kakeru-web:20170511214118j:plain

こんばんは。緑茶好きの渡辺カケル(@kakeru_w_)です。

今日は最終レコーディングに行きばっちり録音してもらい、完成データをもらってきた。やっぱりプロにお願いすると音が良い。つくづく良い。というのを実感している。初めてのレコーディングということもあり、エンジニアのさいとうさんを困惑させてばかりだった気がするが、嫌な顔せず手際よく対応していただうえ、音も良いときて、雨は降っていたけど気分よく帰路についた。

そしてこれからほとんどPRをしていないけど、CDづくりを始めていく。決定事項は100枚限定生産、5曲入り1000円。シンプルさを追求した全曲声とギターのみの弾き語り音源。ここからは一切業者に頼まないから、手作り感満載になる気がする。取りあえずこれが記念すべき、わたしのCDデビューでございます。買ってください。また報告します。

お世話になったCREWスタジオのツイッターを貼り付け。